リモートワーク

リモートワークができる職種とは?未経験から転職する方法も解説

「通勤が負担になるからリモートワークで働きたい」

持病や障害を抱えている人にとって、自宅で働けるリモートワークは魅力的だと思います。しかしリモートワークは、どんな職種でもできるわけではありません。

そこで今回は、リモートワークができる職種や、未経験から転職する方法について解説します。

【目次】

 リモートワークとは

ライター

新型コロナウイルスの流行や、働き方改革などにより、多くの企業でリモートワークが受け入れられるようになりました。

リモートワークとは、自宅にいながらインターネット環境を使って仕事をする、時間や環境にとらわれない柔軟な働き方です。リモートワークは通勤する必要がないため、時間的にも身体的にも余裕が生まれます。

リモートワーク以外にもテレワークや、在宅勤務なども同様の働き方のことを指します。

リモートワークは心臓病の人にもおすすめの働き方

心臓病

リモートワークは、自宅や自由な場所で仕事をすることができるため、心臓病をもつ人にとっておすすめの働き方です。

通勤する必要がないため、体力的な負担が少なく、時間の余裕もできるため十分な睡眠を取れます。

また労働時間の調整もしやすいため、その分定期的な通院もしやすくなります。

会社へ出勤せず、自宅を拠点に仕事をすることで、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症に対する不安も軽減できます。

リモートワークに向いている職種

エンジニア

リモートワークを取り入れている企業は増えていますが、全ての職種でできるわけではありません。リモートワークをするためには、ネット環境が整っていればできる仕事であることが条件になります。

一般事務

一般事務職は、業務の大半がパソコンを使用した作業であるため、リモートワークがしやすい職種です。

業務内容も固定されていることが多いため、上司から細かな指示を受けることも少なく、定期的なオンラインミーティングやチャットでコミュニケーションが成立することも、事務職がリモートワークに向いてるポイントです。

また一般事務職は、部署ごとに業務内容が異なるため、自分の興味関心にあった部署を選びましょう。

【一般事務の種類】

  • 人事事務
  • 経理事務
  • 総務事務
  • 営業事務

インサイドセールス

インサイドセールスは内勤型営業とも呼ばれる、電話やオンラインミーティングで顧客とコミュニケーションをとる営業職です。

一般的な営業職の場合は、顧客のオフィスまで訪問する必要がありますが、インサイドセールスの場合は、自宅で対応が可能です。

エンジニア・プログラマー

エンジニアやプログラマーも、ネット環境があれば業務の大半が成立する仕事です。

またクライアントワークを担当している場合でも、オンラインミーティングでクライアントとコミュニケーションを取れるため、客先に訪問する必要も基本的にありません。

しかし専門知識や経験が必要になるため、未経験から始める場合は、職業訓練校や民間のスクールなどを活用し、準備する必要があります。

Webデザイナー

Webデザイナーは、webサイトやwebサービスなどのデザインやコーディング作業を担当する仕事です。こちらもパソコン1つで作業ができますので、リモートワークに適した仕事です。

しかし、IllustratorやPhotoshopなどの操作スキルやコーディングの知識が必要となります。

Webライター

webライターとは、オウンドメディアやコーポレートサイトなど、Web上で公開されている記事を執筆する仕事です。

エンジニアやWebデザイナーのように、高いスキルがなくても始められる仕事ですが、未経験から始める場合、給与は低くなります。

しかし実績を重ねることで、ほかの職種と同額程度の給与を受け取ることも可能になります。

カスタマーサポート

カスタマーサポートの主な業務は、顧客からの問い合わせに対応することです。

商品の説明や使い方、クレーム対応など幅広い問い合わせに対応するため、特別な資格は不要ですが、自社製品に関する知識が必要です。

リモートワークの場合、不明点が出たときにすぐに誰かに聞くことができないので注意しましょう。

リモートワークは未経験でもできるのか

フリーランス 

現在の仕事がリモートワークが難しい職種の場合、リモートワークができる職種に転職する必要があります。

しかしもし、リモートワークができる職種の経験がない場合は、転職するために工夫が必要になります。

未経験でもリモートワークができる職種とは

リモートワークができる職種の中で未経験でも転職がしやすい職種としては、一般事務職が該当します。

一般事務職は、エンジニアやWebデザイナーのように、専門的な知識やスキルは不要で、基本的なパソコンスキルがあれば、転職が可能です。

もちろん実務経験がある方が、転職がしやすかったり給与が高くなるのは事実ですが、転職してから経験を重ねていくことでキャリアアップを目指せます。

未経験からリモートワークができる職種に転職する方法

実務未経験から転職するためには、

  • 「未経験応募可能」の求人に応募する
  • スキルを身につける

これらの方法がおすすめです。

まず求人に「未経験応募可能」と明記されている場合、職種に限らず未経験から転職できる可能性があります。

またエンジニアやWebデザイナーのような専門職に未経験から応募する場合は、スキルを身につける必要があります。

【専門的なスキルを身につける方法】

  • 職業訓練校
  • 就労移行支援事業所
  • 民間のスクール

独学で専門スキルを身につけようとすると、効率が悪く、また企業から評価もされにくいため、上記の施設やサービスを活用しましょう。

リモートワークの注意点

ストレス

リモートワークには、メリットだけでなくデメリットも存在するため、注意が必要です。

【リモートワークのデメリット】

  • 困ったときにすぐ相談できない
  • 業務進捗を自己管理しなければならない
  • 集中力が欠けやすい

自宅で仕事ができるからこそ、自分自身で業務スピードやモチベーションを管理しなければいけません。

またオフィスで取る直接的なコミュニケーションと比べ、オンラインのコミュニケーションは時間がかかるため、誰かに頼らないと不安という方は、リモートワークが向いていません。

リモートワークでワークライフバランスを整えられる

リモートワークは、ワークライフバランスを整えやすい働き方です。

特に心臓病を抱えている人にとっては、通勤の必要がなく、リラックスできる自宅で働けるリモートワークはおすすめです。

未経験から挑戦できる職種もあるので、通勤を負担に感じている方は、ぜひ転職を検討してみてください。

「お役立ち情報」のほかの記事はこちら

看護師免許取得後、整形外科・神経内科・循環器内科病棟などを経て救急外来勤務。BLSやICLSインストラクターなどの資格を取得し院内外の活動を始める。アロマテラピーの資格も取得、現在は訪問看護師として勤務。趣味は、写真・ゴスペル。チワワと暮らしている。(Twitter:@lilica_camera)